華を着る。
ちょっと素敵な50代を目指して。
美肌つくり

オールインワンスキンケアを使わない理由

以前は、オールインワンコスメが大好きでした。

とっても面倒くさがり屋の私。化粧品がドレッサーの上に並ぶのも嫌だし、洗面所にスキンケア用品がたくさん並ぶのも掃除の邪魔になるので嫌だったんですね。

工藤静香さんも、同じような気持ちでオールインワンの美容液を使用してらっしゃるみたいですね。

だけど、「泡洗顔をやめるだけ」の著者、吉川千明さんの言葉を読んで、オールインワンスキンケアはきっぱりやめました。

本の感想記事はこちら⇒「泡洗顔をやめるだけ」

化粧水は、油分が少なく水っぽいから角質層に入っていくことができます。次にお手入れする美容液、乳液、クリームと続くにつれて油分が増えてゆき、肌表面に薄い膜を張り、肌を保護する役目へと変わります。洋服でも、いきなり厚着をすると脱ぎ着が大変なように、それぞれの役目を知ってレイヤー(重ね)で使うことに意味があります。化粧水を塗ったら一息ついて、次を重ねていく。スキンケアには保湿がもっとも大事。一度に厚着でも、まったく着ないのでもなくて、一枚一枚着ていくのが美しさへの近道です。

(記事参照元 泡洗顔をやめるだけ)

 

これを読むまでは、どれを塗ってもいっしょ、何をしてもいっしょ、化粧水に乳液、クリームといろいろあるけど、どれも化粧品会社が売るために作ったもの、そんな風にしか考えていませんでした。

でも、意味があるんですね、スキンケア用品のひとつひとつに。

 

お肌の今の状態に合わせて、何が足りないか?何を欲しがっているのか?何が不要?自分の肌との対話も大切なんだな~って思うようになりました。

それからは、オールインワンを使用することがなくなりました。

 

肌の老化なんて当たり前のもの、どうしようもないし、っていう想いが自分の中で大きかったように思います。

でも、じっくり私の肌と向き合うこと、それが今の自分を大切にすることにもつながっているような気がします。

肌のことを想うと、スキンケア用品だけではなく、ライフスタイルも見直すようになるんですね。

早寝早起き、暴飲暴食、ストレス解消、どれも肌の状態に関わっています。

つまりは、肌をいたわること、それは自分をいたわることになるんじゃないのかな?

●天然成分とアロマでお肌をいたわっています♪⇒オラクル スキンケアお試し


【初めての方にオススメ】 >>厳選10記事はこれ!